ホーム > 診療科の特徴 > 整形外科の特徴について

荻窪病院の各診療科の特徴をご紹介いたします

整形外科

副院長
整形外科部長
脊椎センター長

河野 亨

Kono Toru

■ 所属・認定資格等
医学博士
慶應義塾大学医学部整形外科客員講師
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
■ 経歴

1983年
慶應義塾大学医学部卒業

当診療科のご案内

診療予定表

当院の脊椎センターの特徴について教えていただけますか。

 脊椎センターというのは少ないイメージがあるかもしれませんが、最近は増えてきているような印象があります。脊椎専用の手術器具を揃えて、内視鏡の手術を多く行っているというのが特徴的ではないかという気がします。また、患者さんの多くは杉並区、中野区、武蔵野市、練馬区の方です。慶応大学関連の開業医の先生方からの紹介で来られる患者さんも多いですし、ほかにも近くの患者さんが手術を受けてよかったのでという口コミで来られる方も結構いらっしゃいますね。

低侵襲性の手術とかを積極的にされていると伺っていますが、
手術や手技について教えていただけますか。

 手技については、まず皮膚の切開が2.5センチくらいで、非常に小さいということが特徴です。そこから内視鏡を入れて明るい視野で手術を行うので神経を誤って切ったりする可能性は非常に低いですし、出血も少ないです。傷も小さく術後の痛みも少ないので、次の日から立って歩いたりすることができるというのは一つの大きなメリットですね。術後の固定も、あまり骨をたくさん削らないのでコルセットを約1カ月つけてもらいますが、それも従来よりも半分くらいの日数になっています。

患者さんの手術の対応年齢のようなものはあるのでしょうか。

 手術自体の難易度とは別ですが、やはり高齢の方は回復に時間がかかります。でも内視鏡だと負担が少ないので、従来の手術よりも回復も順調な場合が多いです。

受診から手術を経て退院までの流れとしては、
どれくらいの期間を要するものでしょうか。

 例えば椎間板ヘルニアだと痛みが結構強いので、手術するのであればなるべく早くしています。受診をされて2週間後くらいに入院して手術、大体1週間くらいで退院です。脊柱管狭窄症だと、手術までの期間がもう少し長くなりますね。

手術を不安に思われている方もいらっしゃると思いますが如何でしょうか。

 確かに、侵襲は少ないですけれども、100%安心というとニュアンスは少し違うと思います。おそらく、その昔は麻痺になったりということもあったのかと思いますが、最近はそういう例はほとんどないです。そういった意味では安心されてもいいかなと思います。

先生が患者さんに対してどのようなことに注意して
対応されているのかを教えていただけますか。

 まず、きちんと診断をつけるというのを第一に考えています。 診断をつけるということがどういうことかと言いますと、運動障害とか、感覚障害とか、反射とか、そういった面で神経の何番目がどういうふうに悪いのかということを診断するということです。 一般的な診療もそうですが、脊椎の場合はMRI所見が悪いからといって、必ずしもそれが痛みに直結するわけではないことも結構あります。狭窄が強いので、そこを手術すればよくなるかというと必ずしもそうではありません。神経学的に合っているのかどうかというのをきちんと確認してから手術をしないと、手術をしてもよくならないという人が出てくる可能性があります。神経根ブロックなど、何番の神経かとういうのを確認するような検査も必要だと思えば適宜やるようにしています。

外来を受診した際は脊椎センターだと先生に診ていただけるのでしょうか。

 私と小倉医師、基本的には2人で対応するようにしています。

これからの目標や、センターとしてやっていきたいことなどあれば教えてください。

 脊椎の手術を行っているところは結構多いですが、まだまだ内視鏡の手術をやっているところはそれほど多くないと思います。脊柱管狭窄症の患者さんは大体全国で240万人くらいいると言われているので、そういった症状を持っている方というのはかなり多いです。脊柱管狭窄症も手術は今でも積極的にやっていますが、症例をたくさん積んでいきたいと思っています。

受診を考えられている方にメッセージがあればお願いします。

 当センターでは、脊柱管狭窄症に対しての症例を数多く行ってきました。技術も進歩して現在では手術時間も以前のように掛からなくなってきています。今では確実に手術ができるようになってきていますので、安心して手術を受けていただけるかと思います。 「80代だから手術はもういいです」という方もいらっしゃいますが、脊柱管狭窄症は70代、80代の方がかなり多いです。「お年だから手術は」ということは決してありません。年を取っても内蔵が元気であれば手術はできる可能性はとても高いです。特に内視鏡の手術は侵襲が少ないので諦める必要は無いと思いますよ。