ホーム > 診療科紹介 > 心臓血管外科治療実績

診療科紹介

心臓血管外科

治療方針
スタッフ紹介
治療実績

手術件数

「依頼された手術は絶対に断らない」のみならず「最高水準の手術を提供し続ける」ことによって、患者さんや紹介元の先生方ひいては地域住民の方々からも信頼される心臓血管外科チームを心掛けています。東京都大動脈スーパーネットワークの重点病院に指定されており急性大動脈解離や大動脈瘤破裂に対する緊急手術は都内屈指の件数を有します。

取り扱っている主な疾患

【成人の心臓大血管疾患全般】
狭心症、心筋梗塞 心臓弁膜症 胸部大動脈瘤 腹部大動脈瘤 閉塞性動脈硬化症 下肢静脈瘤

【緊急手術を要する心臓大血管疾患】
急性大動脈解離(Satanford A型) 胸部・腹部大動脈瘤破裂 急性冠動脈破裂 内科的治療が無効の急性弁膜症 急性末梢動脈閉塞

心臓血管外科
2012年度
2013年度
2014年度
2015年度
冠動脈バイパス術(OPCAB含む)
41
43
57
39
弁置換術または弁形成術(メイズ手術含む)
23
28
42
43
(うち自己心膜による大動脈弁再建術)
(19)
(22)
(29)
(32)
胸部大動脈人工血管置換術
26
38
51
41
腹部大動脈人工血管置換術
21
12
17
32
末梢動脈血行再建術
15
33
29
23
ステントグラフト
9
その他
9
26
28
15
緊急手術症例数
46
43
53
67
予定手術症例数
88
116
147
121

学会及び研修報告発表

第7 回荻窪循環器カンファレンス
「広範囲前壁中隔梗塞に伴う左心室瘤の手術」

第154 回日本胸部外科学会関東甲信越地方会
「左上大静脈遺残(右上大静脈欠損)を伴う左房粘液種の1手術例」

第8 回荻窪循環器カンファレンス
「大動脈緊急症例の手術」

第3 回城西救急研究会
「感染性胸部大動脈瘤の一救命例」

今後の展望

循環器内科との緊密な連携のもと24時間、年中無休で救急患者の受け入れを行っています。また、緊急開胸手術をいつでも実施できる体制が整っています。
心臓疾患の中でも、例えば急性大動脈解離は一刻も早く治療を開始しなければ命に関わる病気です。“遠くの病院”や“朝まで待ってから”では助かる命も助からないかもしれないのです。「一人でも多くの患者さんの命を救いたい」というのはスタッフ全員に共通する思いです。担当する医師は各疾患分野の専門医や認定医であり各々が豊富な経験と実績を持っています。どうぞ安心して診察にいらしていただければ幸いです。

診療科紹介

診療予定表

アクセス
交通案内

病院案内