ホーム > 部署一覧 > 薬剤科

病院について

薬剤科

≪薬剤科について≫

 薬剤科では、調剤、製剤、医薬品情報の収集管理と提供、薬剤管理指導業務などを行っております。 また、TPNや抗がん剤の混合調製業務、ICTなどのチームに薬剤師も参加しております。教育では、薬学部学生実務実習生を受入れ、社会の期待にお応えできるような、信頼される薬剤師の育成を行っております。薬剤科は、「薬ある所に薬剤師あり」をモットーに、医療チームの一員として薬物の安全性と有効性を監視し続けるとともに、 患者さんの身近な薬剤師を目指しております。

≪調剤室≫

 調剤は薬剤師にとって基本となる重要な業務です。医師が発行した処方せんに従い、 記載された情報が適切であるかを確認し、正確に調剤して患者さまのお手元にお渡しします。 処方せんを受け付けると薬の内容、投与量、のみ方、のみ合わせなどを確認し、疑問があれば、 必ず医師に問い合わせ(疑義照会)をします。 また、患者さまが服用されるときにわかりやすいように薬の袋に表示したり、 薬をのむ時の注意事項や副作用等の説明書を添付したりします。 別の薬剤師が、調剤されたお薬を再び鑑査します。また、患者さまが服用されるときにわかりやすいように薬の袋に表示し、 薬をのむ時の注意事項や副作用等の説明書を添付したりします。

≪注射薬調剤・注射薬混合≫

 注射薬調剤では入院患さんに使用する注射薬を1日分ずつ専用カートに取り揃えています。 医師が書いた注射処方せんの内容を確認し、チェックを行います。 チェックを行った処方せんに基づいて、患者様一人分ずつ注射薬を取り揃えていきます。その後、別の薬剤師が監査を行い、病棟へ送ります。 また、医師や看護師へ注射薬の適正使用に関する情報提供を行っています。 TPNや化学療法で使用する抗がん剤を無菌の環境下で混合を行うことにより、患者さんに安全に治療を受けていただけるよう努めています。 化学療法は、薬剤師が、処方せんの薬用量、投与期間、投与方法等の確認を行った上で、混合調製を行っています。

≪院内製剤≫

 一般に医薬品は製薬メーカによって供給されます。しかし、医療上、治療、診断に必要であるが、需要が少ない、安定性が悪い、 個々の患者さんの病状に応じた対応ができないなどの理由から、製薬メーカで生産が不可能な製剤があります。 なかにも注射剤や点眼剤等無菌的に調製することが必要で、そのような製剤に関しては薬剤科内の無菌室で調製されます。 また、消毒薬をはじめ無菌的に調製する必要のある薬を無菌製剤室で調製しています。

≪病棟業務≫

 入院時に患者さんのベッドサイドで薬剤師が、薬ののみ方や効き方などの説明、副作用のチェックを行います。 また、患者さんが入院中、薬に関して疑問に思っていること、不安なことなど少しでも解決できるように、 患者さん一人一人に合った情報提供を心がけています。 薬は効き目の裏側にあまり出て欲しくない悪い作用が起きることもあります。 いわゆる副作用を患者さまの状態や検査データなどで早い段階に察知し、 できる限り未然に防止することが薬剤管理指導の大きな意義だと考えています。 医療の高度化、複雑化に伴い、各医療従事者が専門的な知識を出し合い、患者さんを中心とした医療の提供に努めています。 薬剤師もチームの一員として積極的に活動しています。

≪TDM業務≫

 抗菌薬の効果を最大限かつ副作用の発現を最小限にするために、薬物のTDMと投与設計を積極的に行っています。 病棟担当者が、TDM担当者と連携を取りながら、薬物の適正使用のための管理を行っています。

≪医薬品情報≫

 医薬品に関する様々な情報収集(新薬情報、副作用情報等)を行い、整理し、他の診療スタッフへ最新の情報提供を行っています。 医薬品情報は、製薬企業からの資料や厚生労働省からの通達など様々な医薬品の情報を集積し、 医療従事者(医師、看護師、医療技術者等)に必要な情報を選択し提供しています。 病院全体が医薬品に関する大切な情報を共有することは、薬物治療を有効かつ安全に行う上で重要なことです。 「薬局ニュース」や「医薬品集」の発行、医薬品の採用に関する評価、 院内副作用報告やプレアボイド(副作用を回避あるいは軽減した事例)の収集、医薬品マスターメンテナンス等も行っています。 医療スタッフからの質疑には迅速に対応するよう心がけております。

≪認定資格者≫

日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
7名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師
10名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師
3名
日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定看護師
1名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師
3名
日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師
3名
日本病院薬剤師会 HIV認定薬剤師
2名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師
4名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師
3名
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療養士
4名
日本糖尿病療養指導士
3名
日本臨床薬理学会認定CRC
1名
健康食品管理士認定協会 健康食品管理士
1名
情報科学技術協会 情報検索技術者
1名
臨床検査技師
1名
日本アンチ・ドーピング機構 公認スポーツファーマシスト
1名

2016年6月現在

臨床研究に関する情報公開について(PDF)

部署案内

診療予定表

診療受付

アクセス
交通案内

病院案内