ホーム > 荻窪病院について > 沿革

病院について

沿革

1933年(昭8)12月 中島飛行機株式会社が従業員の健康管理を目的とし、東京工場医務室を開設。

昔の荻窪病院の風景

医療法人財団荻窪病院の誕生

 1950年(昭25)12月 医療法人制度の制定に伴い、正式名称を医療法人財団荻窪病院とする
 1968年(昭43)10月 新病院を竣工。4階建て病棟、3階建て外来診療棟、本館(外来・病棟)、4階建て看護婦寮を持つ病院となる。
 1987年(昭62)10月 災害拠点病院となる
 1994年(平06)2月 現在の7階建て病院棟竣工。許可病床数264床とする。
 1996年(平08)4月 麻酔科を加えて診療科12科となる
 1998年(平10)11月 荻窪病院訪問看護ステーションを開設する
 1999年(平11)9月 放射線科を加え診療科13科となる
 2001年(平13)4月 病棟種別、一般許可病床264床とする
 2004年(平16)10月 臨床研修病院「管理型」の指定
 2005年(平17)9月 フィリップス社製 血管造影X線装置
 2006年(平18)3月 日本医療機能評価機構認定 Ver.5.0
 2006年(平18)8月 病床変更217床とする
 2007年(平19)9月 一般病棟入院基本料7:1の届出
 2007年(平19)12月 GE社製 64列 Multi Slice CT更新
 2008年(平20)5月 GE社製 MRI1.5T更新
 2008年(平20)5月 心臓血管外科が診療科目に加わる
 2009年(平21)8月 消化器内科が診療科目に加わる
 2009年(平21)9月 病院長に村井信二就任
 2009年(平21)11月 臨床検査部門のブランチ化、東京都CCUネットワーク加盟施設
 2010年(平22)1月 EPAに基づくインドネシア人看護師受入開始(2名) ※2011年1月 新たに2名受入
 2010年(平22)11月 東京都大動脈スーパーネットワーク支援施設
 2011年(平23)3月 日本医療機能評価機構認定 Ver.6.0
 2011年(平23)6月 東京都大動脈スーパーネットワーク重点施設
 2013年(平25)4月 救急科が診療科目に加わる
 2013年(平25)7月 別館竣工
CT(16列)増設・血管撮影装置(バイプレーン)増設・ICU8床、LDR3室新設
 2013年(平25)10月 病床変更252床とする
 2015年(平成27)5月 西荻窪駅−当院間で無料シャトルバスを運行開始
 2016年(平成28)2月 神経内科、脳神経外科が診療科目に加わる
 2016年(平成28)6月 日本医療機能評価機構認定3rd.G ver.1.1
 2017年(平成29)6月 血液内科、肝臓内科、糖尿病内科、リウマチ科、腎臓内科、呼吸器内科が診療科目に加わる
病院について

診療予定表

診療受付

アクセス
交通案内

病院案内